So-net無料ブログ作成

やっと生まれたぞー!三日目 [出産]

うんうんと唸り、苦しみながら、

「ああ、早く朝が来て、医者が来て、促進剤を使ってくれ・・・!」

と祈っておりました。

殆ど寝てない状態で三日目です(@_@;)

死にそう・・・

朝九時くらいに医者が来て、女のお医者さんでした。

「じゃあ使っちゃいましょうか!」

みたいな感じであっさり許可が

早くやってくれよ!と思いましたが、いろんな条件が重なったので

仕方なかったのですね。

すこしづつ点滴が入ってきて、陣痛が今までよりも強くなりました!

「うおー!来てる来てる!」

って感じでした。もうすぐ生まれるぞー!って感じの痛みに、

嬉しくなりましたじわじわ痛いのよりも、

激しいやつがドカンと来て、一気に終わってくれたほうが楽です。

痛みが強くなって、それでもなかなか子宮口が開かなくって、

どうなるのこれ!?って思いながら耐えていました。

そしたら昼の3時くらいに、子宮口が9センチまで開いているという

助産師さんのお言葉が。

神に見えました

いよいよ分娩台へ。

分娩台に乗るのも大変でした。仰向けになるとお腹が痛くて痛くて。

なんとか怒られながら(ほらがんばって!そんなんじゃ産めないよ!等)

乗りました。

股を開くともういきみたくてしょうがなくなっています。

なんとか我慢していると、助産師さんが出産の準備をしていました。

いろいろされましたがよく覚えてません。

足にカバーをはめたり、まあ色々してました。

あ、点滴もしてたなあ。

あまりにもいきみたくなったので

「すみません、いきんでいいですか」

と聞いたところ、

「あー。いいかもしれない」

とかなんとか、あいまいに言われました。どうなのそれ!?

その後は助産師さんの掛け声とともにいきんだり休んだりをしてましたが、

あと一歩、出てきません。

そこで、助産師さんが二人になって、こそこそ相談しています。

その後、

「いきんでくださーい」

と言われ、力を入れたところ、助産師さんが私のお腹を思いっきり

押しました!

「ぐえっ!!!」

という私の声とともにちびは生まれてきました(ーー;)

体力が落ちてて、自力では産めなかったみたいですね。

「おめでとうございます」

の一言も無く、淡々と処置が進んで、ちびが私の胸の上に

連れて来られました。

「おお、サルのようだ」

と思いました。かわいいとかは思いませんでしたよ。

そのあと初のおっぱいを飲ませ、新生児室に行きました。

私は分娩室で二時間ほど休んでいました。

この病院の助産師さんは淡々としてましたね。

おめでとうくらい言って欲しかったですが・・・

私が陣痛で苦しんでいる間、三人目を産む妊婦さんは

三時間くらいで産んで私を追い抜いていきました。

うらやましかった・・・

詳しくは書いてませんが(苦しすぎてあまり覚えていない)、

入院してから42時間、殆どの時間を陣痛に費やし、

めちゃめちゃ苦しかったとだけ書いておきます。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

まだ生まれないのか!?二日目 [出産]

入院したのが夜9時過ぎだったので、

一日目は三時間弱で終わり。

二日目は24時間苦しんでいました

陣痛が強くならず、間隔も狭くならず、子宮口も開かず、

三重苦です

でも、痛いことは痛いうおーうおーと苦しんでいました。

母がさすってくれると、少しは痛みが和らぎました

あと、正座してお尻の穴をかかとで押すと、少し楽になりました。

痛いのと、痛いのが引くのと、繰り返しているうちに

意識が朦朧としてきます。

小刻みに痛むので眠れません。

限界まで来たとき、痛くない時間にいびきをかいて眠りました

でもそれもほんの数分。次の痛みで起こされます

きつかった・・・。本当にきつかった・・・。眠れないのって本当に

きついです。

段々体力も落ちていきます。でも生まれたがっている子がここにいます。

やめる訳にはいかないのです。

あまりの苦しさに、病院の屋上から飛び降りて死にたいと思いました。

(これは本気です。例えではなくて、産んであげられなくてごめんなさい

と思いました。弱いですねえ

陣痛促進剤を使ってくれといったけど、なるべく自然分娩をしたほうがいい

という病院の方針と、いよいよ苦しくなってもうダメ!と思ったのが夜で、

医者がいなかったので促進剤は次の日の朝の様子を見て、

ということになりました。

私があまりにも苦しそうなので、助産師さんがちょくちょく診てくれたのですが、

子宮口は開く気配が無く、三センチだの四センチだのという世界でした。

10センチ開かないとダメなので、全然まだまだでした。

丸一日苦しんで、二日目は地獄でした。

母も殆ど眠れず、あの時は自分もきつかったと言ってました

ありがとうお母さん。一人だったら産めなかったかも・・・

そして三日目に突入。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

誕生・・・するのか!?一日目 [出産]

ちびの出産予定日は平成17年1月31日。

しかしその日にはまだ生まれる様子も無く、

実家でひまーに過ごしていました

初産だから遅れるかもなあとは思っていましたが、

結局生まれたのは2月4日でした

2月2日の夜9時、ちょうど夜9時からの刑事もののドラマが始まったとき、

私は

「おやすみなさーい」

といって、自分の部屋に引き上げました。

そして、横になっているとなんだか温かいものが漏れてきました

「もしかして・・・破水

と思って、茶の間にいたお母さんに

「破水したかもしれない」

と告げました。

そうすると、母はなんだかちょっとあわてた様子で、

でもうれしそうな複雑な感じで

「じゃあ、病院行くか!!」

と、さっそく準備を始めてくれました。

病院に破水した旨連絡をいれ、車で30分ほどかかる病院へ

母と二人で向かいました。

その日はとても寒い日で、道路は凍結していました。

雪も結構降っていたかな。

母は慎重に車を運転してくれました。

私はもうすぐ初めての出産をするんだなあと思い、

痛いのかな、耐えられるかな、といろんなことがぐるぐる頭を駆け巡って

いました

病院について、まだおなかは痛くなかったけれど、破水していたので

入院になりました。

その日の夜、旦那も病院に来てくれて、陣痛室で付き添ってくれました。

次の日は仕事だったので朝帰ったような気がします。

よく覚えていないけど

母はできるだけ付き添ってくれました。

仕事を持っているので、どうしても行かなければ行けない時は

仕事に行って、他の人でも大丈夫な時は病院にいてくれました。

ありがたかったです

入院してしばらくは痛くなかったけれど、

夜中を過ぎたあたりから陣痛らしきものが来はじめました。

私の感想としては、

「下痢なのに出してはいけなくて、ずっと我慢している状態」

だと思いました。痛いというより切ないでした

そして入院一日目は終わり、二日目へ・・・。

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。